SPIRE SIGN IN Register

SpirE-Journal 2014 Q3

(English) Side Click: Tapping into real-time reactions from consumers

Reader's Ratings:

サイドクリック: 消費者のリアルタイムの反応を探る

今日の消費者は、どれを選ぼうかとぜいたくな気分を味わっている。このような消費者を魅了するには、各ブランドは、リアルタイムでカスタマイズされた体験を提供する必要がある。新しいテクノロジーと技術により、これが可能となっている。

今日の消費者は、ブランドに対して極めて知識が高い。消費者は、調査を行って価格と最終購買製品を比較するためにさまざまなメディアのプラットフォームにアクセスし、現在の必要性に適したエクスペリエンスを提供するブランドに好意を示す 。消費者は、途中の各段階でパーソナライズされたリアルタイムの情報を要求しながら、メディア、ストア、ブランドに対して何が期待できるか、再検討を始めた 。

リアルタイム・マーケティングとは

リアルタイム・マーケティングとは、適切な通信ツールを使用して、適切な時間と場所で、より詳細かつパーソナライズされた消費者体験と情報を提供して、消費者のニーズに正確に対応することと定義される。これは、Present Tense Marketing(現在形のマーケティング)の構成要素であり、パーソナライズされた体験を提供するために、消費者の現状を理解する方法に焦点をあてる 。

リアルタイム・マーケティング – 時間が最重要

ブランドにとって、消費者にリアルタイムで対応するための主要なプラットフォームは、ソーシャル・メディアの使用である 。2014年2月に英国で行われた調査では、ソーシャル・メディアを活用したリアルタイム・マーケティングにより、回答者の76%にとって、対象者の参加が増加したと結論づけられた 。

しかしながら、SMSマーケティング、モバイルデータによる働きかけ、カスタマイズされた店内画面広告など、その他のプラットフォームも無視されるべきではない。

リアルタイム・マーケティングは実際にどのように作用するのか

2013年に王室に赤ちゃんが誕生したことについて、オレオ社はツイートをした。これは、600万人ものフォロワーの注目を集めた。グラミー賞や最近の2014年FIFAワールドカップなどの世界での主要な出来事と関連したリアルタイム・マーケティング が、非常に流行している。

リアルタイム・マーケティングを最大限に活用する

消費者にアプローチする際、マーケターはどのような要素に留意すべきだろうか。

消費者を理解する

このためには、人口動態、購買履歴、消費者サービスのリクエスト、ならびに閲覧データとチャネル横断的な関与のデータといった領域を詳細にリサーチすることが必要である。これにより、製品やブランドの好みを特定に役立てることができる。

リアルタイム・データの収集

消費者が、リアルタイムで、どこで、あるブランドへのどの程度の関与レベルで、何を行っているかに関して、データを収集することがカギである。今日では、携帯のアプリケーションが、リアルタイムでの閲覧、買い物、キーワード検索、ソーシャル・メディアへの参加、コールセンターとの相互交流、レビューなどを追跡するうえで役立つ。これにより、重要なデ

Back to Top

Back to Home
BTBTBTBTBTBT