SPIRE SIGN IN Register

SpirE-Journal 2014 Q3

(English) Nigeria – West Africa’s rising investment hub

Reader's Ratings:

ナイジェリア – 西アフリカで急成長する投資拠点

2013年、ナイジェリアの経済は、4,000億ドルの価値を超えた。これは、南アフリカのGDP、3,550億ドル を上回るものである。ナイジェリアは、アフリカで最大の石油輸出国となりつつある。しかし、このようなチャンスに囲まれながら、課題が残っている。主に、政治的な不安定さ、天然資源の窃盗、そしてインフラの欠如である。ナイジェリアは、最新のフロンティア市場へとスムーズに変われるのであろうか。

成長する経済

世界でMINTフロンティア経済地域(メキシコ、インドネシア、ナイジェリア、トルコ)の一角として、ナイジェリアは将来、経済大国になると期待されている 。ナイジェリアは、過去10年間で良い実績があり、実質GDP成長率も、2012年の6.7%から2013年には7.4%に上昇している 。

ナイジェリアは、アフリカでもっとも人口の多い国で、世界でも第9位に位置する。

ナイジェリアの人口は2013年には1億7,360万人 となり、アフリカでもっとも人口が多く、世界でも第9位に位置する。最近の国連の予測では、ナイジェリアは、2050年までに世界でもっとも人口の多い国の1つになるとされている 。

ナイジェリア経済では、石油資源が大きな役割を担っている。同国は、世界第6位の石油生産国であると同時に世界第8位の石油輸出国であり、世界第10位の確定原油埋蔵量を有する 。

経済専門家は、しばしば、豊かな天然資源を不幸の元凶であるとする。資源という財産は、真に競争力のある産業と機能する政治制度の発展を阻害し、政治家達に「短期主義」の追求を促す可能性がある。しかし、戦後の歴史は、エネルギー輸出国でも成功と失敗の両方の例が存在する。メキシコ、湾岸諸国の一部、ブルネイ、そして議論は多いがロシアは、成功している例である。では、ナイジェリアは、どちらの道をたどるのであろうか。

ナイジェリアが提供すべきもの

ナイジェリアは、政府による経済成長拡大に向けた取り組みの中で、海外からの投資を呼び込む政策をとっている。数多くの政治的挫折にも関わらず、ナイジェリアの努力は、いくつかの実を結びつつある。その理由として、つぎのようなものが挙げられる。

天然資源

1971年以来、ナイジェリアは石油輸出国機構(OPEC)のメンバーである。石油と天然ガスは、主にニジェール川デルタ地帯に埋蔵されている。国際通貨基金(IMF)によると、2012年には、天然ガスと石油の輸出がナイジェリアの輸出収入の96%占めた 。欧州市場に強い関心を抱くナイジェリア国営石油会社(NNPC)は、欧州市場への天然ガスの輸出増大も計画している 。

ビジネス環境の改善

国際連合貿易開発会議(UNCTAD)は、2014年6月に発行した報告書の中で、アフリカでの外国直接投資(FDI)において、ナイジェリアは上位の投資拠点の一角をなすと結論付けた。2013年について、ナイジェリアは、56億ドルの流入を記録した 。同時に、ナイジェリア株式市場(NSE)の最近のデータによれば、2014年の最初の3ヵ月間で、外国人投資家がナイジェリアの株を7億8,600万ドル(1,274億1千万ナイジェリア・ナイラ)分購入している 。

戦略的位置

ナイジェリアは、若く成長中の人口を有する、グローバルな巨大都市になりつつある。アフリカの2つしかない沿岸巨大都市のうちの1つ、ナイジェリアの大都市ラゴスは、世界の他の発展途上経済地域へのアクセスを許している。ラゴスは、貿易、観光、産業にとって望ましい場所となっている。さらにナイジェリアは、労働力が世界第9位にランクされており、2030年までには、労働年齢の国民数は、50%を超えるであろう。

アフリカの2つしかない沿岸巨大都市のうちの1つ、ラゴスは、貿易、観光、産業の拠点である。

投資家にとっての魅力s

1999年に民主主義に戻って以来、ナイジェリアは、経済のさらなる解放と自由化を目指す野心的な改革プログラムに取り組んでいる。インフラへの120億ドルという巨額の投資について中国が最近発表した背景には、ナイジェリアの経済的パートナーとしての魅力がある 。

チャンスはどこにあるか

2013年の7.4%という、トップニュースとなるような目覚ましい経済成長の陰には、急速に成長している数多くの部門がある。これらの部門には、少し強力な基盤がある 。

教育

スパイア・ジャーナルでは、新興経済地域における共通のトレンドは、国の能力を超える質の高い教育と医療への需要であると、長い間論じてきた。このような需要は、民間部門にとってビジネス機会を作りだす。ナイジェリア政府は、今後4年間で教育に62億7,000万ドルを支出すると期待されている。大統領が2011年に着手した変革アジェンダによると、人的資本を育成する唯一の方法は、教育であるとしている。このアジェンダは、人的資本の育成を2011年から2015年の間に推し進めることで、成長を高めることを目指している 。技能を向上させ、教育の提供を拡大させるため、民間部門は、公共部門と協力して取り組むという役割がある。民間の教育提供者は現在、アフリカにおける小学校と中学校の10~40%を占める。この民間部門の設置地域の多くは、ガーナ、ケニア、ナイジェリアであり、すべての学校の約40%になる。たとえば、2009年に設立された低価格の民間学校グループのOmegaスクールは、現在ではガーナとシェラ・レオネで運営されているが、ナイジェリアにも拡大する計画である 。

医療

近年、多くの民間病院が登場し、一般市民に医療を提供している。今年、世界銀行は、ネイジェリアにおける医療部門の強化を支援するため、今後5年間にわたってナイジェリアに1.5億ドルを投資すると発表した。また、ナイジェリア国内の医療へのアクセスを改善するため、ノルウェー政府と英国政府から2,150万ドルが供与される予定である 。たとえば、大手投資会社のMid Europaが保有するケント病院は、アフリカ大陸への戦略的進出の一環として、現地の医療提供者と提携を結んだ。ケント病院は、東南ヨーロッパにおける大手民間病院の1つである 。

電力

不十分な電力供給が、ナイジェリア経済における障害となっている。アフリカでもっとも人口の多い国であるナイジェリアで生産される電力は、アイルランドより少ないのだ。ナイジェリア人の50%以上が、電力にまったく手が届かない。さらに、代替品(主にディーゼル)の費用も高い。ナイジェリアの電力部門は、将来の人口と経済の成長を支えるために、巨額の投資を必要としている 。

アフリカでもっとも人口の多い国であるナイジェリアで生産される電力は、アイルランドより少ないのだ。

農業

農業に割り当てられている予算は、ナイジェリアの国家予算のわずか1.6%である。それでも、農業は経済にとって巨大な部門であり、生産性と輸出を強化する投資に関して、十分なビジネス機会を有している。農業開発プロジェクト(Agricultural Development Program:ADP)により、1960年代には自給自足が可能となった。では、なぜ今なのだろうか。ナイジェリア政府は、8,400万ヘクタールの耕作地、アフリカの2つ主要な川、そして数が多く若い労働力の可能性を解放することを目指している。ターゲットは、2千万トンまで食料生産を上げること、農業分野と食料関連産業で350万の仕事を創出すること、そしてナイジェリアを2015年までにコメを自給自足できるようにすることである 。”]

ナイジェリアでの操業における課題

ビジネス機会について述べたが、その一方で、投資家は、リスクについて慎重な見方をする必要がある。ナイジェリアが、ほとんどの東アジア諸国で実現されている政治的安定と予測可能性のレベルを達成するには、まだ道のりが遠い。

貧困

ナイジェリアの人口は1億7,400万人だが、そのうち1億人のナイジェリア人が、まだ貧困から抜け出せずにいる 。人口の90%がまだ、一日当たり2ドル以下で暮らしている 。これは、政治の安定に必要な、持続的な社会の同意の構築という課題を複雑にしている。”]

政情不安

ナイジェリアへの投資家が直面する主な問題は政治である。アル・カイーダとつながりを持つイスラム聖戦士集団であるBoko Haramは、最近、国内での活動を過激化させている。これは、今年初めのボルノ州からの200人の女子学生の誘拐という形で、頂点に達した。さらに、選挙も近づいている。ナイジェリアでは、選挙は暴力の火種である。2011年の選挙では、500人が殺害された。ナイジェリアにおける政治的暴力は、投資家の信頼を損ない、近隣領域の経済にも連鎖反応を引き起こす 。ナイジェリアは、350の民族から成り、宗教も複数存在する。宗教紛争と民族紛争は、政治の不安定にさせてきた。2014年のTI世界腐敗バロメーター(Transparency International Global Corruption Barometer )によると、10人中9人が、警察は腐敗していると言っている 。

不十分なインフラ

新興国においては、インフラは通常、経済成長にとって主要な減速因子であり、ナイジェリアも例外ではない。世界銀行の報告書によると、ナイジェリアのインフラに関する課題を解消するには、年間約142億ドルを持続的に支出する必要があるとされている 。世界経済フォーラム(WFF)の最近の統計では、2014~2015の国際的競争力について、144の経済地域中、第127位であったことが報告されている。これは、昨年より7位下がっている 。これは、未開発の水と衛生、整備されていない道路網、およびその他の輸送の不具合に起因するものであった 。

はびこる石油の盗難

石油の盗難は、ナイジェリア経済に毎年80億ドルもの負担を与えている 。1960年の独立以来、石油収入の少なくとも4,000億ドルは、盗まれたか浪費されている 。たとえば、2013年9月には、シェル石油は、盗難による漏れのため、トランス・ニジェール・パイプライン(Trans-Niger Pipeline)を強制的に閉じなくてはならなかった。パイプライン再開後一週間もたたないうちのことである。政治家、軍人、石油業者から地域共同体のメンバーまで、多くのナイジェリア人が「バンカーリング」または石油の盗難に慣れている 。

将来の展望

ある統計は、ナイジェリアの状況についてまとめている。世界銀行によれば、ナイジェリアは2014年にはビジネスのし易さについて、189カ国中147位となった。2013年からは9つのアップである 。ナイジェリアのビジネス環境は改善している一方、まだ良い状態ではない。

ナイジェリアは2014年にはビジネスのし易さについて、189カ国中147位となった。2013年からは9つのアップである、

ローバル・ファンド・マネージャーが、MINT経済地域としてナイジェリアに目を向けている。これは、資産運用投資に関して、ナイジェリアは有望な経済地域であることを意味する。ナイジェリアのGDPは、2013年には4,000億ドルの価値を超えた。ナイジェリアには、経済の離陸のための人口動態、地理的、および天然資源といった材料がある。政治的安定という捉えにくい目標の実現を押しとどめているものは何であろうか。

ナイジェリアの政治家は、政治的ガバナンスと経済管理のための健全な制度の創出に失敗しという点は、否定できないであろう。さまざまな市民の暴動、Boko Haramグループによる略奪行為、石油のはびこる盗難。そして広がる選挙暴動はすべて、これを裏付けている。これは、ガーナ、ケニア、タンザニア、そしてルワンダまでものようなアフリカ諸国との対比を成している。これらの国々は、過去10年間でこの方向に、健全な制度の創出において、はるかに前進しているのである。

農業、電力、教育、医療などの部門における経済的機会は魅力的である。ナイジェリアの港市ラゴスは、製造品の輸出に有望なルートを提供している。石油および天然ガス部門の可能性は、もし適切に実現した場合、数千の仕事を創出し、多大な、経済乗数効果が得られるであろう。そして何よりも、ナイジェリアは、西アフリカ地域におけるシンガポールや香港のような役割を果たせる、もっとも強い位置にある。

しかしながら、これらの機会はすべて、まだ実現されておらず、政治が安定化されない限り、ナイジェリアは、将来も単なる一経済地域として永遠にとどまるであろう。国際支援団体、NGO、そして国際社会全体で、制度の能力構築において、ナイジェリアに注力するべきであろう。何よりも、これは、ナイジェリア経済の可能性を解放するのである。

Back to Top

Back to Home
BTBTBTBTBTBT