SPIRE SIGN IN Register

SpirE-Journal 2013 Q3

Spire E-Newsletter Q3 2013

Reader's Ratings:

Spire E-Newsletter Q3 2013

インドにおけるスパイアとピアソンの連携調査

2013年9月4日 (Hindustan Times)
2013年9月4日 (The Hindu)
2013年9月4日 (Times of India)

これまで先生に感謝を表したことはありますか? スパイアはグローバル教育出版社のピアソンとインドの25州、ティア1、2、3の大都市において、223の学校・高等教育機関から、3,262名の教師に調査を行った。

調査結果から、給与アップ(60%)や雇用主である学校からの認識(62%)を上回り、4人に3人の教師にとって、生徒からの感謝が、教師にとって最大の褒賞であることが明らかになった。 実に72%もの教師が、成功に導いたことに対して、生徒が感謝を表してくれた際に、最も満足感を感じると言うのである。

この調査で、高等教育機関の教師と違い、小学校の教師は、生徒からの感謝のレベルを高く認識していることが明らかになった。

一方、過去10年間で教師へ表される感謝が減ったと感じる教師が、61%に上った。生徒の学校に対する低い従事、低給与、認識の低さ、不十分な研修機会が教師にとっての課題として挙げられた。生徒たちは教師にあまり頼らず、インターネット上の情報を好んでアクセスするようになった。今後数年において、教師が生徒を現状のレベルで学校に従事させ続ける事が出来るか否か、現時点では不明である。 

公式取材内容はTimes of Indiaのウェブサイトで閲覧可能 here.

過去の不況から好転模様のヨーロッパ市場に関するスパイアのコメント

2013年9月1日

第二四半期に0.3%の成長を記録したとこで、ヨーロッパ市場を覆っていた不況の暗雲が、ヨーロッパから立ち退いたようだ。消費者マインドが上昇してきているが、この成長はヨーロッパに留まるのか?

レオン・ペレラ、スパイア・リサーチ・アンド・コンサルティング代表は、不況後のヨーロッパ市場に関する彼の意見を述べるように招かれた。ペレラはポジティブな購買担当者指数(PMI)を反映し、ヨーロッパは回復基調であると述べた。

ペレラはどうしたら、ヨーロッパ市場がアジア企業にとって長期投資先になるかを論じた。ヨーロッパは医療技術、3D印刷など、調査パートナーやM&Aの潜在機会がある。ヨーロッパはEU市場への容易なアクセスと、トルコ、ロシア、MENA(中東・北アフリカ)を含む新興国地域へ近接している為、製造オペレーションのハブとして試してみる価値がある。

ハイテクノロジー業界にとっても、ヨーロッパは機会を検討するに値する。スマートフォン業界は、アジア企業がヨーロッパへ輸出できる可能性があると、ペレラは指摘した。

公式取材内容はChannel NewsAsiaのウェブサイトで閲覧可能 here.

インドネシア・ジャカルタで開催されたSouth East Asia Auto Summit 2013における演説

2013年6月26~27日

グローバル自動車業界の中で東南アジアは、最も明るい地域のひとつである。2012年、当地域の自動車生産上位3か国(マレーシア、インドネシア、タイ)は、ほぼ歴史的な生産高を記録した。このような潜在力を受けて、South East Asia Automotive Summit 2013では、業界の現在の展望と、需要を議論する為、業界リーダーたちと、政府の関係者が集まった。

ジェフリー・バハール、スパイア・リサーチ・アンド・コンサルティング副代表は、光栄にもゲストスピーカーとして当サミットに招かれた。演説でインドネシアの日進月歩の自動車業界トレンドについて語ったバハールは、新しいセグメントであるエコフレンドリーカーが、どのようにインドネシアに出現したかを論じた。

自動車ブランドは、大衆市場の需要に応えると同時に、それぞれの価格帯で競争に留まり続け、存在感を発揮できるようにすべきだと述べた。また彼は、自動車メーカーは大衆市場向けに多くのモデルを投入することで、売上向上することが出来ると述べた。

結論として、ベトナム、カンボジア、ミャンマーを東南アジア内のその他の新興市場輸出先として、自動車メーカーは考えるべきであると、バハールはコメントした。

バハールのプレゼンテーション資料は、“SpireThoughts on SEA Automotive Sector Outlook 2015” から閲覧可能 here.

アジアにおける男性用化粧品セクターのブームに関するスパイアのコメント

2013年6月17日 (Bernama TV)
2013年6月19日 (NTV7)
2013年6月28日 (BFM Radio)

男性は外見にこれまで以上に、気を遣っているのだろうか?より多くの男性が、身だしなみ商品に喜んでお金を遣うようになってきた。この需要成長により、アジアでの男性用化粧品が急拡大し、化粧品ブランドにとって収益の高い市場機会が明らかになってきた。

ジェフリー・バハール、スパイア・リサーチ・アンド・コンサルティング副代表は様々なメディアから、この業界に関する将来の展望について意見を求められた。

この業界規模は約200億米ドルであり、スキンケア商品の合計売上にアジア市場は、60%貢献していると強調した。

バハールは、マーケティング担当者は、目標市場の人々の異なる習慣別、年齢層別に調査をすべきであり、人々の変化し続ける行動パターンのリアリティーに注意を払うべきだとも述べた。

また結論として、中国・インド市場は急成長しており、これらの市場では特に、アンチエイジング商品に集中すべきだとコメントした。

Back to Top

Back to Home
BTBTBTBTBTBT