SPIRE SIGN IN Register

SpirE-Journal 2013 Q3

カザフスタン : 中央アジアの秘宝

Reader's Ratings:

カザフスタン : 中央アジアの秘宝

中央アジアは中世の時代、アジア経済の中心だった。中国、インド、中東、ヨーロッパを結ぶ交易路の交差点にあることから、豊かな成長を経験した。ところが、20世紀の海上貿易の 興隆は、この交易路を奪ってしまった。しかし今、中央アジアは、エネルギーや耕地など、天然資源が豊富な急成長中の市場として、カザフスタンを中心に目覚めてきている。カザフスタンでビジネスを行う可能性は胸を躍らせるものではあるものの、まだ課題は残っている。

中央アジア‐新たなシルクロード

文化、貿易と経済繁栄の豊かな歴史を持つ活気に満ちた地域、中央アジアが、 今、世界中の投資家から注目を集めている。この地域には数々の経済的優位性がある。中国、インド、 ロシア、トルコなど、大きな経済の交差路の戦略的な位置にあり、天然資源が豊富、且つ、 高い成長の可能性を秘めている。

近年カザフスタン、アゼルバイジャン、グルジア、アルメニア、ウズベキスタン、トルクメニスタン、タジキスタン、キルギス、モンゴルは、今後の経済成長を暗示する”新シルクロード” と定義されている。

“新シルクロード”は、4000年に渡り、シルク、スパイス、紅茶、貴金属などの貴重な商品取引のために、ヨーロッパ、アフリカとアジアを結ぶ貿易ルートを結んだ、古代シルクロードの再出現である。今日の”新シルクロード”はアジア全域へ石油やガスなどの高付加価値商品を輸出するものとなっている。

カザフスタン、アゼルバイジャン、グルジア、アルメニア、ウズベキスタン、トルクメニスタン、タジキスタン、キルギス、モンゴルは、'新シルクロード' として定義されている
カザフスタン - 中央アジアの重要資産

カザフスタンは、中央アジア最大の国で、世界で第9番目の国土面積を誇り、2012年時点で1,590万の人口と、2,717,300平方キロメートルの国土を占める 。 1991年にソビエト連邦からの独立を果たした後、国による大規模な経済改革が行なわれた。

ソ連の支配下でカザフスタンは、ソ連をうまく無視することに苦しんだ。いくつかのインフラ 投資が行われたが、多くの場合、ソ連の国家安全保障に関連する目的のためであった。品質の高い教育やビジネスは開発されないまま、ソ連の希少な高付加価値商品の生産が中央アジア地域に置かれた。

現在のカザフスタンは、世界的観点から見ればまだ早期開発中だが、間違いなく中央アジア地域の経済的なリーダーである。

中央アジアの大半の公開企業は、最も大きな時価総額がつき、国際的にもアクセスしやすいカザフスタン証券取引所(KASE) を経由して取引されている。2013年中には3社の新規上場、2015年末までには8社の追加新規上場が計画されており、国内外からのさらなる投資誘致も予定されている。

カザフスタンは何を提供すべきか?

カザフスタンは、発展可能な投資先として、ゆっくりとその姿を現しつつある。その理由は以下の通りである:

堅調な経済成長

カザフスタンの経済見通しは明るく、2013年~2016年にかけて年平均5.9%のGDP成長率が予想されている 。この健全な成長見通しの大部分は石油産業の拡大であるが、少数の非石油部門の成長も見られる。

現在、カザフスタンの石油とコンデンセートの埋蔵量は、世界で12番目にランクされている 。政府はガス•パイプライン容量の拡大と、新たなパイプラインおよび生産施設の建設、ガスベースの発電産業の発展により、石油産業の一層の開発を計画している。

業界の専門家は、大規模な未開発の石油•ガス鉱床が、カスピ海の下に横たわっているのではないかと推測しており、現在、これらの石油・ガスを採掘するための大規模な探査プロジェクトが進行中である。この見通しのおかげで、同国の石油産業は、国の経済成長を促す主要な推進力であり続けるであろう。

カザフスタンの明るい経済的見通しに寄与するその他の要因は、非石油部門の成長である。 リスクを分散するため、長期的には石油への経済の依存度を減らすことに政府は取り組んでいる。金融サービス、インフラ、建設などが、リスク分散の目的で開発されてきた基幹産業である。これらの産業への投資は、固定資本貯蓄増に役立ち、消費者支出を促進し国の経済を牽引している。

良好なビジネス環境

近年、カザフスタンは良好なビジネス環境を築いていると称賛を得ている。世界銀行によると、カザフスタンは、ビジネスの容易さが183カ国中47位にランクされたている。この結果は2011年から11ランクのアップであり、このランキング上昇は、”投資家促進”と “納税”の進歩によるものである。

カザフスタン政府は2011年に”投資を誘致するための国家計画”を採択した。その対策の中には、ビザや通関手続きの簡素化や、地域の市当局による外国人投資家のための特別サービスセンター設立が含まれていた 。加えて、政府は2010年に法人税を2009年の30%から20%に下げている。この数字は2014年に15%へと、さらに低下すると予想されている。

政治的安定

1991年独立以降、カザフスタンは、民主主義と政治的安定に重点を置く立憲共和国になった。平等な権利と機会均等は、国籍を問わず、すべての人に与えられ、調和の取れた多民族環境を作りだそうとしている。

“戦略カザフスタン – 2050″の演説の中で、カザフ大統領は、主要な目標のひとつは、多民族社会と多信条社会の維持であると述べた 。これにより、外国人投資家を誘致するための必要な政治的安定が促進されるであろう。

戦略的立地

カザフスタンは、大西洋と太平洋の両方からほぼ等距離にあり、またヨーロッパとアジアの中間という戦略的な位置にある。最も重要なのは、ヨーロッパとアジアの交差点に 位置するため、貿易の役目が保証されていることだ。ヨーロッパと中国をカザフスタン経由で結ぶ、最近の新鉄道 の立ち上げにより、この優位性は強化されている。

天然資源

カザフスタンが持つ最大の競争優位性のひとつは、天然資源の豊かさであろう。元素周期表に記載されている110元素のうち、99元素がカザフスタンで見つかり、60元素はすでに抽出・使用されている。

カザフスタンは、石油や天然ガスなどのエネルギー資源、ならびにチタン、マグネシウム、スズ、ウラン、金や他の色の金属など鉱物資源が、世界で最も豊富な国の一つである。

法人税は2009年30%から2010年20%へ下がり、2014年には15%になる予定
何に投資すべきか‐新興セクター

カザフスタンの以下のセクターにおいて、輸出と投資のビジネス機会が急速浮上している。

建設

建設業界では、外国からの投資やパートナーシップの機会が多くなっている。優良価格住宅プログラム2020の一環として、政府は2015年~2020年まで、毎年130万平方メートルの住宅増加を計画している。これは、建設業界にとって、毎年USD5.6億ドルの投資流入となるであろう。

銀行・金融サービス

2013年、カザフスタンの銀行セクターは比較的不振な状況であるが、政府は、銀行部門への信頼を回復するための措置を行っている。

ひとつの前向きな発展としては、BTA銀行の準ソブリン債再編である。BTA銀行では、直接的な信用サポートがなくても、劣後ローンの構築や信用強化ができる。このような発展は、投資家や預金者の懸念を緩和する可能性がある。

ローンの名目成長率は、2012年の約10%から、2013年には20%弱になると予想されている。個人消費の伸びや、住宅用・商業用建物の建設が増加するにつれて、銀行融資も増加している。

インフラストラクチャー

T政府は、カザフスタンのインフラをアップグレードするために、多額の投資をしており、これはミャンマー、ベトナム、インド政府の動きと並行している。2030年までに、総インフラ投資はUSD25億ドル以上に達すると予測されており、インフラ投資合計額の40%が鉄道輸送、23%が高速道路の建設、25%がテレコミュニケーションセクター、12%が空気・水の輸送システムに使われる 。この部門の成長潜在性は高い水準で推移すると予想されている。

カザフスタン投資に関する変更

カザフスタンは大きな投資機会を提供しているが、現在の課題を理解した上で、上手く市場に進出することが重要である。

脆弱なインフラストラクチャー

多くの旧ソ連国と同じように、カザフスタンが直面している最大の課題のひとつは、脆弱なインフラである。特に交通やテレコミュニケーション分野ではそれが顕著である。

交通網の面では、カザフスタンには、組織的かつ信頼性の高い方法で貨物を輸送する、近代的な高速道路システムや鉄道網がない。テレコミュニケーションサービスのインフラにおいても、同様に、国の急速な経済成長と調和しているとは言えない。インターネットや携帯電話のサービス範囲は限られており、一部の地方では、今なおソ連時代からの時代遅れの通信機器を使用している 。脆弱なインフラのため、原材料の調達フローだけでなく、サプライヤーとディストリビューターが連絡を取り合うことに関しても、困難が生じている。

汚職

政府の反汚職キャンペーンと有罪官僚の解任にもかかわらず、汚職は蔓延したままである。2012年のトランスペアレンシー•インターナショナルの汚職認識指数によると、カザフスタンは183カ国中133位にランクされた。これは、2010年から28位の下落である。

スキル不足

スキル不足もまた、カザフスタンの大きな課題である。カザフ統計庁によると、国内でのスキル不足が増加の一途をたどっている。2013年1月の時点では、最大の労働力 不足は製造業で、約1万人の労働者が不足しているとされている。次いで建設業界では約5,000人の不足、ヘルス•ソーシャルサービス部門では、3,000人の労働者不足がおきている。

政府は人々のスキルと、持続可能な成長の間にある、高い相関関係に注目しており、現在、金融支援政策により、より多くの学生が、技術的なスキルを身に着けられるカザフスタンの民間機関に入れるよう支援している。そのような政策にもかかわらず、この問題は未だ深刻な課題をもたらしているため、多くの投資家は、この問題を軽減するためには、外国人労働者に頼る必要があるかもしれないと考えている。

2012年のトランスペアレンシー•インターナショナルの汚職認識指数によると、カザフスタンは183カ国中133位にランクされている
結論

確かにカザフスタンは、現在外国人投資家を誘致するための、透明かつ効果的なビジネス環境を作りだすことに取り組んでいるが、脆弱なインフラと高い汚職は、ソ連時代から依然として残ったままである。そのため企業は、ビジネスプランを実行する前に、慎重に計画を練る必要がある。

特に、企業は投資案件に署名する前に、まずは人材確保に関する合意を政府と締結する必要がある。

課題が多々あるにもかかわらず、投資の見通しはポジティブなままである。カザフ政府はこれらの課題に対応する意思を示している。1991年以来の再編成の取り組みは、強力な経済成長を促し、市場経済へ移行する国の能力を実証した。最も重要なのは、カザフスタンの政治的安定、豊かな資源と良好なビジネス環境であり、未開発の機会を探している企業にとっては理想的な投資先である。

経済が開放し続けるにつれて、より多くの外国企業がカザフスタンの市場に参入することが期待されている。建設、インフラ、エネルギー、鉱業業界の関係者は、後発市場参入にもビジネスチャンスがあるということを確証する為に、今後の情報に注意を向け続ける必要がある。

Back to Top

Back to Home
BTBTBTBTBTBT