SPIRE SIGN IN Register

なぜスパイアが選ばれるのか

我々は、すべてのビジネスの始まりと終わりが、必ず何らかの調査結果に基づいて決断されることを知っています。たとえば戦場での洞察力とは、前線で起こっていることをマッピングし、各隊の成績をはかり、次の作戦を練る力です。調査そのものは、こういったリーダーシップや実践に代わるものではありませんが、ビジネスの直感を裏付けることができます。客観的な事実は、個々人のバイアスや見解を超えて、組織がひとつの目標に向かい合意形成をするのに役立つのです。これこそが、リサーチ・コンサルティングの役割です。しかし「いい調査」は、それ以上でもそれ以下でもなく、市場への理解が深まった証拠として、新たな未知・疑問を生み出します。また、大量の情報や統計とは一線を画し、自身の専門性や経験からなる市場への洞察力や、顧客からの声を可視化し新たなアイデアを生む指標となります。

「いい調査」への投資は最善の手段なのです。

 

スパイアの3つの強み:

「だから、なに?」と言わせない

“洞察力”は、リサーチ業界を表現するのに使い古された言葉です。多くのベンダーがクライアント自身の決断を助けるために、パターン化されたポイントを指摘します。ただし、結論まで描写し、本当の洞察を示すファームは限られています。スパイアがコンサルタントとして承認されている理由は、さらに深い洞察を行い、その上で結論を提示する思考の深さです。

 

広範な調査領域

調査案件で多くの時間が割かれるのは消費者リサーチですが、これはビジネスエコシステムの一要素に過ぎません。スパイアでは、競合他社から販売チャネル、政府体制、そしてオピニオンリーダーやサプライヤーの動向まで、広範な領域に関する調査に注力しています。基本に忠実な消費者分析を軽視せず、さらに業界や外部環境などのマクロな分析に強みを持っています。

 

新興国に根ざしたアプローチ方法

調査を行うフィールドが先進国であるのと、新興国であるのとは役割が明確に異なります。新興国では公開されているデータが少ないだけではなく、小売店が組織化されておらず、市場やバリューチェーンが分断されています。さらに各種規制が複雑かつ不透明で、模倣品・偽造品の氾濫も問題です。つまり、先進国で浸透している分析手法が、新興国における調査では通用しないのです。スパイアは、アジア・東欧・中東・ラテンアメリカ・アフリカなど新興市場での問題分析と、解決案の策定に実績と自信を持っています。

新興成長市場に焦点を当てた唯一の戦略・リサーチベースのコンサルティングファームとしてのスパイアのは、世界を牽引する企業や政府機関からも強い信頼を獲得しています。

各国拠点までお気軽にお問い合わせください

Comments are closed.

Back to Top

Back to Home
BTBTBTBTBTBT